心地よい治療を、心地よい噛みごたえを

インプラントQ&A

インプラントQ&A

インプラント治療は誰でも受けられますか?
多くの方が、インプラント治療を受けることができます。しかし、全身の健康状態や顎の骨の状態・お口の中の状態などにより、インプラント治療ができない方もいらっしゃいます。
当院にて、インプラント治療に適しているかどうか診査いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。
インプラントはどのくらいの間、使うことができますか?
インプラントは人工物ですが、天然歯と同様にメインテナンスが非常に重要です。メインテナンスさえきちんと行えば、インプラントは長年にわたって使用することができます。しかし、メインテナンスを怠ると、インプラント周囲炎(インプラントの歯周病)にかかってしまい、せっかく埋入したインプラントが抜け落ちてしまうこともあります。
手術は痛いですか?
局所麻酔をした上でインプラント埋入手術を行いますので、手術中の痛みはほとんどありません。術後に痛みが出ることがありますが、鎮痛剤で対処でき、数日で治まりますのでご安心ください。
インプラントの治療費はどのくらいですか?
インプラント治療には保険が適用されないため、治療費は決して安くありません。しかし、将来にわたって天然歯と遜色ない機能を手に入れて、不自由なく食べたり会話したりできる快適な生活をお望みなら、インプラントがお勧めです。
自分自身の他の歯は、そのまま維持できますか?
もちろん維持できます。インプラントは他の健康な歯を犠牲にすることなく、失った歯を補充できる治療法です。従来のブリッジや入れ歯とは異なり、隣り合った歯を削ったり、被せものをしたりする必要はありません。健康な歯に負担をかけないのは、インプラント治療の優れた特長です。
手術は全身麻酔で行うのですか?
ほとんどのケースでは、局所麻酔を使ってインプラント手術を行います。
入れ歯と比べたとき、インプラントのメリットは何ですか?
入れ歯に比べてインプラントは、天然歯同様の噛み心地と機能を回復することができます。自然に話し、笑い、食べることができるのです。さらに、入れ歯のように他の健康な歯に負担をかけることもありません。
何回くらい治療に通う必要がありますか?
歯の状態や術後の経過などによって異なります。一般的には、最初の検査、外科治療、消毒、人工歯の型採りやその後のメインテナンスなど、6~8回程度の治療が必要となります。

 

インプラント治療後Q&A

インプラントに違和感があるのですが・・・
インプラントの手術直後は出血や痛み、違和感が出る場合がありますが、すぐに収まりますので心配はありません。ただし、術後1~2週間経っても症状が緩和しなかったり、悪化したりする場合は、何らかのトラブルが起きているおそれがあります。このような場合は、お早めにご相談ください。
インプラントが取れてしまったのですが・・・
インプラント(人工歯根)は顎の骨に強固に固定されるため、外れることはまずありません。しかし、まれにインプラントが脱落してしまうケースがあります。万が一、インプラントが外れてしまったら、お早めにご相談ください。

インプラントが術後数週間で脱落してしまう場合は、主な原因として「感染」「過度の負担」「手術のミス」が考えられます。

感染 過度の負担 手術のミス
ドクターのグローブやマスクの汚れ、毛髪や皮膚の汚れ、衛生状態が悪いオペ室や汚れた器具が感染の原因となります。 インプラントがまだ骨としっかり結合していないときに、患部を舌や指で触ったりして無理な負荷がかかると脱落する原因になります。 顎の骨に空けた穴がインプラントの直径よりも大きいと隙間ができてしまい、脱落する原因になります。

なお、術後数ヶ月~数年後に脱落してしまう場合のほとんどは、「インプラント周囲炎」という歯周病と同様の病気が原因となっています。
>>インプラント周囲炎の詳細はこちら

診療時間・アクセス