心地よい治療を、心地よい噛みごたえを

設備について

当院の設備について

パノラマレントゲン

パノラマレントゲンでは、大まかに歯や骨の状態、下歯槽神経の位置などを知ることができます。
親知らずの抜歯時や歯周病の診断時はもちろん、特にインプラントの診断では、顎全体と歯の位置関係や、歯を支える顎の骨の量を把握する必要があります。つまり、インプラント治療前にパノラマレントゲンによる診査は欠かせないのです。

従来のパノラマレントゲンは2次元的なデータしか取れず、3次元的な情報が分かりませんでした。
そのため、骨があるように見えていても、実際に歯茎を切開してみると骨が陥没・欠損しているケースがありました。
当院ではインプラント治療前診査として、パノラマレントゲンとCT撮影とを併せて用いています。パノラマレントゲンにより、歯のパノラマ撮影や顎関節の側面を断層で撮影でき、CT撮影により、顎の骨を3次元的にとらえることができるため、より正確な診査が可能です。

※CT撮影に関しては症例に応じて撮影します。

その他設備について

その他設備について

院内紹介

受付・待合スペース

受付・待合スペース

パウダールーム・カウンセリングルーム

パウダールーム・カウンセリングルーム

診療室

診療室

外観

外観

診療時間・アクセス