心地よい治療を、心地よい噛みごたえを

インプラント治療前の確認とは

インプラント治療前の確認事項

インプラント治療にあたっては、以下の事項について事前の確認が必要です。患者様によっては治療を受けられないケース、治療をお勧めできないケースもございますので、あらかじめご了承ください。

年齢

一般的に、顎の骨の成長が完了する16~18歳以上であればインプラント治療が可能です。上限は特になく、健康状態がよければ何歳の方でもインプラント治療を受けることができます。

全身の健康状態

1時間程度の日帰り手術に耐えられる健康状態が求められます。心筋梗塞などの心臓疾患がある場合や、人工透析を受けている場合などはインプラント治療ができないことがありますので、あらかじめご了承ください。なお妊娠中の方は、出産より一定期間経過後に治療に入ります。

顎の骨の状態

インプラントを安定したものにするためには、インプラントを支える顎の骨に一定の厚みが必要です。顎の骨の厚さは人それぞれです。
通常、先天的な個人差はあまり問題になりませんが、二次的に起こる顎の骨の吸収はインプラント治療の障壁となります。顎の骨が薄くなる原因は主に2つあり、1つは歯周病で、もう1つが歯の欠損を放置することで生じる顎の骨の吸収です。

口内の状態

歯周病は歯周組織を破壊してしまう病気です。せっかくインプラント治療をしても、歯周病が進行すると感染や脱落などのリスクが高まります。
そのため重度の歯周病の方は、先に歯周病を治療してからインプラント治療を行います。また、隣り合う歯に重度の虫歯がある場合も、事前に治療を済ませてからインプラント治療を行います。

生活習慣

インプラント治療の前提として、衛生的な口内環境を維持できていることが重要です。
例えば、ヘビースモーカーの方にはインプラント治療はお勧めできません。口内環境を清潔に保てないと、治療後に感染などの合併症を引き起こすケースがあるからです。

糖尿病

糖尿病の方、具体的にはヘモグロビンA1cが8.0%以上の方はインプラント治療をお勧めできません。

※ヘモグロビンA1cとは、通常時の血糖レベルを表す数値で、基準値は4.3~5.8%です。

インプラント治療を安全に行うため、事前に上記事項について確認させていただきます。上記事項をクリアしていることはもちろん、生涯にわたってインプラントを使い続けていただくには、術後のメインテナンスや生活習慣など、様々な注意事項を守っていただく必要があります。
そのため、治療に対して十分にご理解いただけない段階では、インプラント治療に入ることはできません。

無料相談メール実施中